マイボーハイパントの映画公式リリム

新作から日本未公開まで、映画の文句や賛美をしちゃうわよ! もちろんおすすめ映画もね。 アカデミー賞待ち遠しいわ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アビエイター

巨匠マーティン・スコセッシ監督がレオナルド・ディカプリオを主演に迎え、富豪ハワード・ヒューズの半生を描く伝記映画。第62回ゴールデン・グローブ賞作品賞を受賞した名作。

もの凄いワンマン振りを発揮しているが、なぜ?という背景が全くなく結果をつらつらと描いているに過ぎないような。。。それにレオナルド・ディカプリオでなくても。伝記映画としては素晴らしい出来

続きに彼の、簡単な経歴があるので読んでからの方がいっそう楽しめるわね! [アビエイター]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2006/02/18(土) 20:50:51|
  2. ☆☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

シャークボーイ&マグマガール 3-D

マックスは10歳の少年。彼は空想上のスーパーヒーロー、シャークボーイとラバガールを心の友とし、その活躍を日記に書いていたがある日授業中大きな竜巻と共にその二人が表れて。。。

映画はこのくらい夢があった方がいいわね!ただロドリゲス監督の息子の主人公と同じ名前のマックス君の原案を使っただけあって、何を言いたいのかは分かるけどかなりつまらなくしょぼいわ映画館で例の青と赤の眼鏡をかけて観れば迫力ある映像が楽しめるのかも。 [シャークボーイ&マグマガール 3-D]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2006/02/18(土) 08:00:46|
  2. ☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トレジャー・ハンターズ / 進め!笑撃冒険王

幼なじみの死をきっかけに、ダン、ジェリー、トムの三人はビリーの意思を告ぐために、宝探しに出発。。。

設定、内容ともにC級ね。強いて言えば三人の友情が深まっていく所が見所作品自体に自信がないところがお色気のシーンを多発する所に表れているわ!冒険の最中ある老人に会うんだけど、その老人が『時間は無駄にするな!』と言ってたけどこの映画を観た無駄な時間を返して欲しい [トレジャー・ハンターズ / 進め!笑撃冒険王]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2006/02/16(木) 22:20:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

カースド

ある日高校生のジミーは姉と一緒に交通事故を目撃してしまう。その時ある女性に助けを求められるのだが何かに襲われてその女性は殺されてしまう。。。

意味のない所での爆音。馬鹿にしてるのかしらホラーかと思いきやそうじゃないみたいだし。深く考えたら最後まで観れない映画ね!一生日本未公開であろう映画。 [カースド]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2006/02/15(水) 22:53:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR

光の勢力と、闇の勢力が遥か昔から人知れず抗争を繰り広げていた。その勢力とは、人を守り闇の勢力を牽制する<ナイト・ウォッチ>と、光の勢力を牽制する<デイ・ウォッチ>である。彼らの力は争いながらも均衡を保っていた。しかし、それを破る存在が、現代のロシアに誕生し…。

ロシア映画とは思えないくらいスタイリッシュ。ただ、ロシア映画に免疫があまりなく名前とリズムが。。。ラストは『え~!!!』とい感じだったけど三部作の一作目という事で少し安心 [ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2006/02/15(水) 07:27:16|
  2. ☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

イーオン・フラックス

ウイルスにより人類の98%が死滅した西暦2015年。人類は科学者トレバー・グッドチャイルドの圧政に怯えながら暮らしていた。グッドチャイルドの暗殺を企てる反政府組織モニカンズのイーオン・フラックスは、妹が政府によって殺されたことにより政府を激しく憎んでいた。

設定はいいんだけど、どこかというかかなり安っぽい。。。脚本が最悪。ソフィー・オコネドーは仕事を選んだ方がいいわね!それに遺伝子操作か何か知らないけど、説明がかなり必要な物が盛りだくさん

[イーオン・フラックス]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2006/02/14(火) 08:41:39|
  2. ☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

スプリガン  大友克洋監修

江口寿史がキャラクターデザインを務めた、たかしげ由・皆川亮二による人気コミックの映画化。世界各国の超古代遺産を守る秘密組織アーカム“スプリガン”の活躍を描く。ある日、友達をマインドコントロールされプラスティック爆弾を送りつけられる。

原作を知っていると、設定が少しおかしく感じられ2作目はないのが分かる。大友克洋が監修しただけあってよくできていて映像も凄いけど、他のスプリガンの活躍も観たかったわね。。。
[スプリガン  大友克洋監修]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2006/02/12(日) 23:23:42|
  2. ☆☆☆
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0

妖怪大戦争

水木しげる、荒俣宏、京極夏彦、宮部みゆきという作家陣のプロデュースチーム「怪」が作り上げた原案を三池崇史監督が映画化。タダシは両親の離婚により、母親と祖父と共に田舎で暮らすことになった。タダシは、田舎育ちのクラスメートと馴染めないでいた。そんなある日、タダシは神社のお祭りで、“麒麟送子”に選ばれる。

これはひどい。せっかく、「キリクと魔女」や「ハウルの動く城」でいい演技をしていた神木隆之介も三池監督のおかげで制作費の使い方がひどすぎる!小学生並みかも。見る価値なし!というか、真ん中は早送りだったけど。。。

[妖怪大戦争]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2006/02/11(土) 13:57:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ロード・オブ・ウォー

主人公のニコラスケイジは武器を扱う“死の商人”。ブルックリンではロシアマフィアの台頭で銃撃戦が絶えなかったが、レストランを営むユーリは初めて自分の目の前で目撃してしまい弟と武器商人で世界1になる事を覚悟する。。。

基本的にストーリーはユーリの語りで進められて行く。ショッキングで生々しい映像が多いのだが完全にユーリの主観で進む為、死や罪悪感が全くない所が恐ろしい。インターポール役のイーサン・ホークの存在もかなり主人公におちょくられており、内容の恐ろしさを和らげているわね!弟の存在がエッセンスとなり主人公は。。。

ロシアから軍事ヘリを横流しする時、イーサン・ホーク扮するバレンタインが摘発にくるのだがそれを察したユーリはごまかす為にヘリの軍事目的に使われる部分を取り外す様に命ずるのだが、その時の整備士はニコラス・ケイジの息子だから見逃してはいけないわ。

ラストのテロップで「これは事実に基づいた映画である。武器商人が栄える機会となった兵器の供給元はアメリカ、イギリス、ロシア、フランス、中国。これらの国は安全保障理事会の永久メンバーである」とあって、考えさせられたが本編ももう少し政治的背景を実感できる物だったらでも退屈しない映画だったわ! [ロード・オブ・ウォー]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2006/02/07(火) 21:55:17|
  2. ☆☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロミス PROMISE

一人の少女と運命に翻弄された三人の男のアクション・ファンタジー大作。主演に『ラスト サムライ』の真田広之と『ブラザーフッド』のチャン・ドンゴン。生きる希望を失った女は、最強の大将軍とその奴隷に出会う。。。

何これCG最悪!分けの分からない設定最悪!本筋は分からなくもないけどとにかく最悪。たそがれ清兵衛で株を上げていただけに残念ね!しかもチャン・ドンゴンに関してはもう言葉も出ないわね。
[プロミス PROMISE]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2006/02/06(月) 22:52:15|
  2. ☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラジオの時間 三谷幸喜 初監督作品

ラジオ局内で繰り広げられるドタバタ劇をコミカルに描く。三谷幸喜初監督によるコメディ映画。

主人公である作家の本が周りの思惑でことごとく変えられていく。。。ここまではいいんだけど、劇中劇(ラジオドラマ)が最悪で全くおもしろくない

業界関係者向けに作られた作品??とくだねで小倉さんが絶賛していたけど、頭の上がフィクションな人の言葉じゃ説得力がないわね~! [ラジオの時間 三谷幸喜 初監督作品]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2006/02/05(日) 23:26:43|
  2. ☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボーイズ'ン・ザ・フッド  Boyz'n the Hood

真面目な青年トレ。黒人というだけで理不尽な差別を受けつつも仲間と平穏な生活を送っていた。親友の兄であるダウボーイは子供の頃から犯罪に手を染めストリートギャングになっていた。そんなある日、トレはギャングの抗争に巻き込まれてしまう。。。当時の銃社会に問いかけた問題作。

それにしても、アイス・キューブのトリプルX ネクスト・レベルでの骨細の演技はひどかったけど、ほとんど素なのではと思うくらいの演技はまた、脇を固めるトレの父親役のラリー・フィッシュバーンの存在感が光っている。

セックス(生)と銃(死)そこに社会の差別も加わり、当時のアメリカが抱える黒人社会の悩みをよく描写している。

[ボーイズ'ン・ザ・フッド  Boyz'n the Hood]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2006/02/05(日) 10:24:19|
  2. ☆☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホテル・ルワンダ

アフリカのルワンダで内紛による大量虐殺の危機から人々を救った、実在のホテルマンの勇気と良心を描いている。家族と平和の為に戦った実話。

ドキュメンタリーの様な作品。民族間の確執から紛争に発展してしまったルワンダの首都キガリで当時VIPゲストが数多く宿泊していた「ミル・コリン・ホテル」の支配人の奮闘を生々しく描いている。

本当の支援とは何だろう、今行われている人道的支援はただの偽善や政治権力のエゴでは。。。考えさせられた作品。

[ホテル・ルワンダ]の続きを読む

テーマ:オススメの映画 - ジャンル:映画

  1. 2006/02/04(土) 20:39:08|
  2. ☆☆☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファイナル・カット

近未来では脳に埋め込んだゾーイというチップに個人の生涯を記録し、死後編集された映像を追悼会で流していた。最高の編集者アランの元にかつての同僚が大物弁護士の依頼を50万ドルで譲れと言ってくる。。。

設定はおかしいけど、アイデアはまあまあ。アランが過去にこだわるのも分かるけど、過去の記憶に話の発展はあまりない。弁護士の記憶もストーリーにただ流されてる様な。。。26歳のオマー・ナイーム監督の次回作に期待ね。

[ファイナル・カット]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2006/02/04(土) 12:44:26|
  2. ☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オリバー・ツイスト

9歳の孤児オリバー・ツイストは救貧院に預けられたが、「おかわり」を理由に追い出されてしまう。七日間歩いてロンドンに行くが、そこで暖かく迎えたのは子供窃盗団だった!そんなある日事件が。オリバー少年が思う死とは。

一生懸命生きるというより、周りに生かされてる感じが。。。
おすぎのCMは期待させすぎね!
80億円かけただけあって、19世紀の町並みはよかった。
[オリバー・ツイスト]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2006/02/03(金) 07:34:29|
  2. ☆☆☆
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:1

B型の彼氏

ハミとヨンビンは運命的(?)に出会い、恋に落ちるが、A型の彼女はB型の彼氏のマイペースぶりに振り回されることになる。

ストーリーは出会い、降り回されても幸せ、迷い、ハッピーエンドという分かりやすい起承転結。

こーゆうのはTVドラマかなんかのシリーズでやった方がいいわね。
くだらないけど、実際ありそう
それにしても、イ・ドンゴンはオセロの中島でおなじみの谷原章介と教師びんびん物語のセンパ~イ(古)野村宏伸を足して2で割った感じね。。。 [B型の彼氏]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2006/02/01(水) 16:48:09|
  2. ☆☆
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:1

バンリュー13(原題)BANLIEUE 13 -B13-

パリ 2010年
犯罪の多発する地区で新たに施行された政策は、犯罪地区を壁で囲む事だった。この地区では警備員の目の前で誘拐が行われても完全無視。。。リュック ベッソン製作、脚本の2005年フランス映画祭横浜上映作品。

序盤からヤマカシ並みの凄いアクションが繰り広げられる。内容は、ある組織のヘロインを主人公が盗むんだけど、追っては主人公のあまりの素早さにまんまと逃亡される。そこで妹を誘拐しておびき出すが!

いきなり核爆弾とか突拍子もないけど、まあまあ楽しめる。
フランスのヒップホップ
[バンリュー13(原題)BANLIEUE 13 -B13-]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2006/02/01(水) 13:46:13|
  2. ☆☆☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イントゥ・ザ・サン

東京都知事の選挙中に、候補者が殺されるという事件が。そこでセガールが。。。

内容は、、、セガールが変な日本語喋ってて申し訳ないですが、集中して観れなかったわ!そして、栗山千明や寺尾聰、豊原功補、大沢たかおもなぜか全員大根セカチュウ台無し!日本人のヤクザ同士が喋るシーンも英語(すでに飽きてメールチェックしたわ)で唖然。。。


基本的に薄暗いシーンが多くて、ひどい演出を隠してた所がよかったわね。
真面目に観ちゃうとダメダメね [イントゥ・ザ・サン]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2006/02/01(水) 08:08:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィール

マイボーハイパント

Author:マイボーハイパント
映画の梅雨よ。

最近の記事

最近のコメント

ランキング


ブログランキング ranQ(ランキュー)

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ検索

過去ログ

Microsoft社

マイクロソフトのライセンスを特別価格でご提供!


マイクロソフト お得に購入! 購入費用のコスト削減を実現。ライセンス番号も一括管理出来ます。

フリーエリア

フリーエリア

Google

必ず貰える!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
■行列のできる内職紹介所 ■PSP懸賞NET ■不動産買取サポート ■iPod nano懸賞サイト
■真空管アンプの響 ■宝くじネット ■耐震サポート ■リアッド フォト サービス
■アフィリエイト比較サイト ■相互リンクの神様 相互リンク集